不具合が見られたらすぐ依頼しよう

雨や風の影響を受ける

住宅の内部よりも外部の方が雨や風、雪によるダメージを受けるので劣化しやすいです。
ですから内部はまだ綺麗だけど、外壁や屋根は汚かったり、ヒビが入ったりすることが多いと覚えておきましょう。
ヒビが見られたり、壊れたりしている部分があれば修繕するタイミングです。
一般的に修繕が必要になるのは、住宅が建設されてから10年が経過した頃だと言われています。

しかし雨や雪が多く降る地域や、沿岸で暮らしている時はそれよりも早く劣化していきます。
10年が経過していなくても、劣化に気づいたら業者を呼びましょう。
また、劣化に気づいても放置することは絶対にしないでください。
放置するとどんどん被害が広がり、安全に暮らせなくなります。

費用を削減するために

外壁や屋根を修繕するのに、30万円ほどの費用が必要になります。
これよりも費用を削減したい場合は、できるだけ初期段階のうちに業者に依頼してください。
被害が大きくなり、修繕する範囲が広くなると料金が高くなってしまいます。
逆にまだ小さいヒビができているぐらいの場所だったら、数万円で済むかもしれません。

早く依頼することがポイントなので、自分でもこまめに外壁や屋根を点検しましょう。
わざわざ屋根に上って確認する必要はありませんが、出かける時に外壁をチェックするぐらいは行ってください。
毎日見ていれば、わずかな変化でも気づけると思います。
その時になったら信頼できる業者にすばやく連絡し、プロに様子を見てもらいましょう。



TOP