不具合が見られたらすぐ依頼しよう

建築されたばかりの頃は綺麗な住宅でも、年月が過ぎれば汚れたり、壊れたりします。 その頃になったら、業者に修繕を依頼してください。 ただどこを修繕するのかによって、料金が異なります。 さらに場所ごとに、劣化するスピードが変化すると覚えておきましょう。

たくさん水を使うことが原因

水回りは、特にカビが発生しやすいです。 大量発生した時は思い切って、綺麗に修繕したが良いでしょう。 水回りとは浴槽やトイレ、キッチンのことを指します。 機能をたくさん搭載するとそれだけ料金が高くなるので、必要な機能だけ厳選することを心がけてください。

どの素材を選択するのか

意外と、住宅の床に使える素材はたくさんあります。 その中でどれを選択すれば、生活がより豊かになるのか考えてください。 家族構成を考慮した上で、素材を選ぶと良いですね。 小さな子供や高齢者、ペットがいる家庭では滑り止めが付いた素材を選ぶのがおすすめです。

ずっと綺麗なままではいられない

外壁や屋根は、住宅の中でも劣化しやすいので修繕が必要です。
大体住宅の寿命は10年ほどですが、それよりも早く劣化することがあると覚えておきましょう。
外壁や屋根を修繕する時は、30万円ぐらいが相場です。
しかし早く劣化に気づき、業者に連絡することで費用を削減できます。
こまめに、外壁や屋根に異変が起こっていないかチェックする習慣を忘れないでください。
少しでも普段と様子が異なっている部分があれば、とりあえず業者に見てもらいましょう。

浴室やトイレ、キッチンなどの水回りはカビが発生しやすく、汚れがひどくなってきたら修繕を依頼しましょう。
一般的には20万円ぐらいで済みますが、機能をかなり搭載するとそれよりも金額が上がり、50万円近くになる場合もあります。
たくさん機能があれば便利になることは間違いありませんが、本当に自分たちの生活に必要な機能なのか見極めましょう。

フローリングや床を張り替える時は、1帖につき1万5千円前後が相場です。
劣化した時はもちろん、滑り止めや断熱機能などを搭載したい時も業者に依頼してください。
特に小さな子供やペットがいる家庭では、走って転ばないよう滑り止めを付けておくのが良い方法です。
また、汚れが付きにくい素材も人気が高まっています。
それなら仮にジュースをこぼしてしまった場合でも、布巾で拭き取ればすぐ綺麗になります。
掃除の手間を省けますし、いつでも綺麗な床を維持できる面がメリットですね。


TOP